創る側のこだわりは、かならず使い手にも伝わるものだ。創り手よ大いにこだわってくれ!

μ1030SWは最高のタフギア

砂塵だって怖くない
高い耐衝撃性
氷点下-10℃でも作動するタフネスさ

僕らの回りにはデジタル製品がいっぱい

が・・・電池が切れたらただの箱!?


デジカメ、GPS、携帯電話、iPod・・・チョットした旅でも必要なデジモノは結構多い。それぞれに必要なチャージャーやコード類、予備電池などなど、それだけでも結構な荷物になる。デジモノは電池がなくなればただの箱、8月のユーコンでもデジタルカメラのバッテリーを充電するために、予定を変更する必要があった。

 あの日以来、ソーラーチャージャーにターゲットを絞って、デジタル製品を効率よく充電できる方法を探っていた。そして、辿り着いたひとつの応えがPower Film 社が製造する【PowerFilm USB+AA Solar Charger】、アメリカでも発売されたばかりだ。
 以前から注目していた単三電池を4本充電できる【AA Foldable Solar Charger】(定価7,500円)のバージョンアップ版で、USBを経由してデジタル機器のチャージができるようになった。

 日本へは富士ファインケミカル(株)が正規輸入し、価格は9,300円。アメリカでも、100ドル前後なので、この価格設定は米国並み。個人輸入がばからしくなる。

E3300309.JPG太陽に対して直角に設置するのがコツ

E3300317.JPG丸めれば、僕が使っている財布と全く同じサイズ

こんなチャージャーを待っていた!

一番のメリットは、ソーラーパネル自体がソフトなこと。くるくると丸められるので、持ち運びも簡単。
 因みに 【AA Foldable Solar Charger】は、イラクに展開する米軍でも使用されているらしい。最近の兵隊もデジタル化していて、無線機、GPS、赤外線暗視スコープなどのデジタル製品が生死を分ける。殆どは単三電池で動くので、予備電池(予備予備電池も必要だ!)を携行する必要がある。それ以外に、食料、予備の衣料品、武器、予備弾薬、ヘルメットだって重い。

 聞くところによると、グラム単位で携行品を軽量化しても、兵隊は20kg以上の装備を携行している。その中でバッテリーが占める割合は約10%もあり、軽量化が大きな課題になっていた。ソーラーチャージャーを支給された兵士たちは、たいそう喜んだだろう!

 早速、実物を入手。2本の単三電池(エネループが付属)にあらかじめ充電しておき、そこからチャージする構造になっているよう。2本の単三電池(2000mAh)を充電する時間は、5時間となっている。
 充電の状況は、横についているライトが教えてくれる。フルになると点灯、点滅で充電中といった具合だ。

E3300310.JPGライトの点滅で充電状態が分かる仕組み

どんな使い方がベストか?

 試しにバッテリーを使い切ったiPodをUSBケーブルで充電してみた。エネループ2本からチャージを終えて電池が空になってしまったので終了となったが、感覚的には80%位はチャージできたようだ。
 次に思いついたのはハンディGPS。単三電池2本で稼動するGPSだが、付属のUSBケーブルはデーター転送専用なので、外部バッテリー用のUSBケーブルを購入。まず本体のバッテリーを外し、ケーブル接続してみるとしっかり稼動。これはソーラーチャージャー内蔵バッテリー2本から供給されていると思われる。試しソーラー側のバッテリーも外してみたが、稼動しないのは当然だ!!

サイズはお財布並み

気になるサイズは閉じた状態で、8.4cm(長)×14cm(幅)×3.7cm(厚)と財布サイズ、開いたサイズは61cm(長)×14cm(幅)×2.3cm(厚)、12cm×12.3cmのソーラーパネルが4枚付いている。重量は約138g(電池重量含まず)。

<仕様>
Battery Charging current : 400mA @ 3.6V
USB Charging curent : up to 1A @ 5V
推奨バッテリー : NiMH AA Batteries,1800-2500 mAh
価格 9,300円(税込)